かえででせいしん

メイプルストーリー 楓精神メンバー共有ブログ その他火力・ダメージ計算など

今の一言

雪が、こんなに滑るものだとは知らなかった。

――んだ僕はふかふかの雪に仰向けになっていると、
まるでこの霰の夜空が僕を優しく包んでくれているかのように、
またそれを一人占めしているかのように、
またその一部になったような気さえしてくる。
多分、このままあと5分もこうしてれば本当にそうなるだろう。
箱根の寒さと降りしきる霰、背中に感じる積もった雪、
そして何故かジンと痛む右足首の感覚が渾然一体となり、
都会では味わえない不思議な暖かさを与えてくれる。
そんな二十歳の夜、雪上にて




転んだ僕は
(文頭に戻る)
  1. 2010/03/09(火) 21:56:15|
  2. 今をぼやこう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<数学のお問題 | ホーム | バイト先にて>>

コメント

どじっこ乙
  1. 2010/03/09(火) 22:32:16 |
  2. URL |
  3. 消臭 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
     ※ 匿名の方は出来る限りチェックを入れず、
         『公開』にしてもらえると情報共有がしやすくありがたいです。

トラックバック

トラックバック URL
http://kaedekouyou.blog97.fc2.com/tb.php/61-67bc1d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)