FC2ブログ

かえででせいしん

メイプルストーリー 楓精神メンバー共有ブログ その他火力・ダメージ計算など

アークの連携スキル仕様についての覚え書き

エリマキキツネサルアイ生首@歯切れ規格争い




ark-08-PCD.png
アークを触ってて連携スキルが一見ブラスターベースっぽいようで微妙に違和感があり、
コマ送りで確認してみたら案の定独自仕様で作られてた・・・のでいろいろ調べてみたのだが
どうもカデナも似たような仕組みで作られていたらしい。制御は色々違いそうだったが・・・
もう完全に生首@前だけ共々DPMの調査計測を諦めたとはいえアンテナ低くなったな・・・と改めて実感する。
そういや楓精神DPMシートご臨終宣言とかまだ出してない気がするけど出さなくていいの?生首@前だけ君。








独自仕様を語るにはまず普通の連携がいかなるものか?から理解する必要があるが
記憶の限りではこのブログで連携のイロハが説明された事が無い気がするので
基本的な部分から書いていくことにする。




そして更に連携の前にスキル使用時のモーションについてから。

ark-01-basic.png

スキル使用時の硬直時間・・・このブログ的に言うとディレイは
半透明なりのスキルエフェクトとは無関係にキャラクター本体の"action"というデータに依存している。
各ポーズにそれぞれディレイがms単位で割り当てられ、各ディレイの合計値がスキル硬直時間となる。
上の画像はプレーンチャージドライブのディレイを模したもので、
90ms→180ms→90ms→90ms→90ms→180ms の合計720msがAS6(普通)時のディレイになる。




そしてここから"一般的な連携"がどういう法則でディレイを短縮するとかというと・・・

ark-02-SAF.png

連携が可能なスキルの場合"skipActionFrame"値が設定されており2だの5だのと数字が振られている。
スキルのactionも順番に番号が振られており、skipActionFrameの数字から先のaction
省略することによって連携時に攻撃速度が上がるのだ。
連携先のスキルを省略action前に先行入力しておけばskipActionFrameから先のactionは完全省略され、
省略されるactionの最中に連携先のスキルを入力した場合は即座にactionを省略し連携先に派生する。
というわけでこれが一般的な連携スキルの仕様だ。
・・・ルー語喋ってるみたいだな。




で、本題のアークの連携だが・・・

ark-03-240ms.png

おそらくactionによるアニメーションなどにまったく関係なく
スキル内に設定された"cancelableTime"内の値である240msのデータを用い、
スキルディレイの後ろから240msぶんをキャンセル有効時間とすることで
省略時間中に追加入力をした場合即座に連携先に派生する・・・という仕様になっていると思われる。
あくまで"思われる"だけ。この先に待ち構える不可解な現象から逆算して推測しただけに過ぎない。




その不可解な現象は武器攻撃速度が変化した際に起きるのだが、
アークの前にまず一般的な連携スキルのAS2(12/16=ディレイ3/4)とAS6を比較すると・・・

ark-02-SAF.png

ark-04-AS2.png

スキルディレイの各actionは基本的に均等に縮んでいく(はずな)ので、短縮幅も相応に縮む。
これに対しアークのディレイ短縮は固定値なのでASを速めても短縮幅が変わらず有利に思えるが・・・




ark-03-240ms.png

ark-05-WTF.png

何故かASを上げようが下げようがキャンセルできるタイミングが変化しない。
画像の赤枠部分はあくまで想像でしかないのだが・・・ディレイが720msであることを前提に
このタイミングで省略を受け付けるよう固定されている、としか考えられない。
連携がASの恩恵を受けないのはともかくアークの連携は予約入力受付がないせいで
ASが早いほどディレイ省略範囲=連携としての追加入力が認められる範囲が狭くなる。
戦闘狂乱バフがあればマシだがバフ無しから連携しようとすると
リピート遅延の250msの空白と噛み合いがちで、連携不発が凄まじく起こりやすい原因はここにあるのだろう。
もはやFilterKeysSetterはメイプラー必携アプリケーションになりつつある。




ark-09-berserk.png

そしてアークはバフによって連携によるディレイ短縮幅を増加させることができるのだが・・・
これはまあブラスターとアークぐらいしか出来ない芸当なので独自仕様というには数が少なすぎる感がある。

ark-06-blaster.png

ark-07-707070.png

これも通常連携と差と似たような感じでブラスターが短縮するactionを一個ずつ増やすのに対し
アークは固定値で短縮幅を増加している。ASによってキャンセルタイミングが変わらないのも同様。
ちなみにこの2職にカデナも加えた3職の連携スキルに予約入力受付が無い。
この仕様はリピート遅延問題で連携発動が安定しないというだけの話でなく
先行入力による自動連携発動がない以上最速入力しないと理論DPS出すことも出来ないからホントやめてほしい。








ところで、画像では基本240ms、追加で70ms*3短縮としているが・・・
スキルの内部データに書かれている謎の数字達の中からそれっぽいのを当てはめてるだけ
実際にこの数字通りに短縮されてる・・・かは全く分からない。実測でほぼ合致はするのだが・・・
あくまで俺がコマ送りを調べただけで計算式まで把握した訳じゃないからこれが限界なのが悲しい所だ。
ASでキャンセルタイミングが変化しない件とかマジでこれが正しい仕様とは正直思えないとこがあるし、
同じ"cancelableTime"を使うカデナの連携の方は内部数値とコマ送りの実測をにらめっこする限りでは
スキルディレイ開始からcancelableTime内の90msを過ぎた瞬間から連携受付&短縮省略という
まさにアークと真逆の仕様をしているとしか思えない造りなので、何が正しいのかマジで分からない。
バグとして知らず知らずのうちにアーク側が修正されたりする可能性も無きにあらず・・・いやどうだろう。





じつのところブラスター以降新職・新要素は操作や研究をいかに困難にするかを追求して設計してるフシがあるから
5次実装の設計変更負荷に耐えられず楓精神DPM企画が爆死したのはまああらゆる面で潮時だったのかもしれんな。
ark-10-end.png



  1. 2018/08/01(水) 22:22:22|
  2. 歯ぎしり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

○×クイズクイズクイズクイズ

○×クイズ用フィールドを支配する


   期間限定ミニゲーム
       "○×クイズ"
         を支配する

                            ための記事




 悪銭身に付かずさんの○×クイズ用カンペテーブルも併せてご利用ください
 (あちらは現状2015年版の回答のため、年度問題や初期キー配置等の回答が更新されていないことをご留意ください)


 2018年度にてとうとう制限時間が3秒となってしまったため、やや使いづらい本ページであります


 -2018年度にて未確認の問題については "未" と表記させていただきます
 よろしければ情報提供にご協力ください

 -2018年度にて新しく増えた問題正答が変更されている問題については青文字にしてありますので一度ご確認ください
 特に年度問題やキー設定については正答が全てKMS準拠 →JMS準拠 へと変更されている可能性が高いのでご注意ください

 -また3秒ルールに変わったためか、計算系や数学系の問題は廃止された可能性が高いです



■使用法

○×クイズが始まったらこのページを開きます

  Ctrl+Fで、ワード検索タブを開いておきます

    問題が出たら、ワードの一部を入力し検索します

      答えが分かります

        全チャで周りの人に答えを伝えます

          載っていない問題が出たらコメントにその情報を提供します

            皆ちょっと幸せになります、多分、きっと、知らない、すまん



     ※ 問題欄が"___"のものは、問題の答えだけしかメモってなくて忘れた部分です
        同じく情報を募集しています


続きを読む



  1. 2018/07/19(木) 19:46:43|
  2. 今をぼやこう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤ちゃん

赤赤木優

弊ギルドではギルドメンバーを募集してるが
自発的にスカウトしたり告知をしたりといったことはまるで行っていない上に
メンバー個々にしても友達が少ないと断言できるほど友達がいないので
増える因子そのものが皆無なのだ。
メンバーは減る一方なのだった。

そんなギルドの中で最も新しいメンバーが画像の彼で
新しいといっても、もうそこそこ長いこと居る。(メイプル老人につき正確な入会時期は記憶していないのだ)

彼はかわいそうなことにある男からある条件をつきつけられたことで
盛大な前提クエストを背負った。

その内容はカオスバンバンを単独で倒せというもので
そのクエストをクリアすることで彼が何を得るのかはメイプル老人につきタイムロード/忘却の道2

幸い、かなり古いアカウントを保持していた彼は
キャラクタースロットが多い状態からゲームを開始することができた。
昨今のメイプルストーリーではキャラクターの攻撃力を増強する手段がヤケクソに飽和気味にボンバイエであることから
いずれ彼はそのクエストを達成するだろうが、
その目標が果たされた後の 真の目的は果たされるのだろうか。
一体何の前提クエストなんだ?

今このギルドにソレがあるのか無いのかもよくわかりませんが
彼の今後にご期待ください。



  1. 2018/07/05(木) 19:38:43|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イベント告知スクリーンショットに映るメイプルポイント

生首@歯切れ重箱コーナー



2018年に入ってから俺が新たに記事を書くことがなくなってしまったが
メイプルだのブログに飽きたかという訳でなく単に俺が捻り出せるネタが尽きたのである。








maplepoint-01-notice.png



ver3.69イベントの紹介ページ、西部のカウボーイの報酬勲章のサンプルイメージをよく見てみると・・・



maplepoint-02-zoom.png



アイテムインベントリのメイプルポイント残高がチラ見えしている。
この状態では具体的に何ポイントかはっきりしないので調べてみよう。




maplepoint-03-mystery.png

これはちらっと見えている残高の数字ドットを抽出し、拡大したもの。
ほんの一部しか映ってないが使用しているフォントを知っていればある程度は割り出せる。



maplepoint-04-tahoma.png

というわけでメイプルの小さい数字に使われているフォントはコレ。
Tahomaの8pxだ。昔からある英数字フォントで、Windowsには最初からインストールされている。
カンマ( , )が下に長く突き出ているのが特徴だ。
ちなみにメイプルがUI・チャットで採用しているフォントは基本的には固定幅のMSゴシックで9px。
というわけでチラ見えした数字をTahomaに照らし合わせると・・・




maplepoint-05-analyze.png

こうなる。
さすがに小さいフォントなので0,3,5,6,8が判別つかない形状になってしまっているのが無念。
4と7は一見判別つかないようで文字間隔は一定であるが故に文字の位置から判別がつく。

さて、ある程度わかったからにはチラ見えした数字を可能な限り復元してみよう。






maplepoint-06-99-7-1749.png


99*,7*1,749!

やはりGMのIDということで999,999,999ポイントに設定した形跡が見受けられる。
そして七桁台までポイントを消費している、という事もわかるが・・・
いかんせん肝心の下から七桁目の数字が不明なので1,218,250から9,298,250までブレがある残念な結果に。

ま、何を購入して何百万に達したか・・・などと想像を膨らませてみるのも一興なのではなかろうか。
八桁台消費すらしてないのかザコめ!と思える石油王プレイマンとかは・・・いるのだろうか?








見えたからどうだという話でもないのだが、個人的な物はなるだけ映したくないもの。
単純にインベントリが半透明で映っている分だけ見栄えがよろしくなくなるので、
なるべくこう・・インベントリの右下に置き、更にアイテムの右端にオンマウスすることで
インベントリが半透明の枠内にほとんど映り込まなくなり、見た目がスッキリする。
最大までインベントリを拡張していれば横並び式がスクロールバーが無いのでより一層スッキリする。
真っ暗なマップを活用して背景に何も映さないことでマックス完璧アルティメットにスッキリする。

maplepoint-07-screenshot.png

何かが見える見えないがどうこうというより美意識的に、こういう行いは広まって欲しいものだ。
半透明の裏側に何かが映り込んでるのは俺がムカつくから。



  1. 2018/06/01(金) 22:22:22|
  2. 歯ぎしり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

整頓

いみわかんねーアイテムがインベントリにはびこっている。
いみわかんねーコインとかあるやろ。
あるんや。

反魔力収集機とか グーグル検索するまで何なのか思い出せなかった。
きっと鬼神の1秒わきを修正されたことで頓挫したのであろう
半端な点数がたまっていたけど捨ててやった。
というかタイラントグローブに課金箱以外の入手方法があったということに驚きだ。

タイラントブーツに交換できるマグナスコインはいまでこそ独力で入手可能だが、
ブーツと交換できるということも マグナスを倒せばマグナスコインを拾えるということも
記憶から消えていた。

集めにくくなって諦められ忘れられた反魔力に対し、
集められるようになったころには興味が失せていて忘れられたマグナスコイン。


期限切れ寸前の白の書があったので
手持ちのヴェラッド装備に書を貼り付けてるとき
青いコインもついでに消費してみようと思って物色してると


Maple_180506_191050.png

これを発見した。

Maple_180506_193925.png
中身やべー

アイテムインベントリを整頓してたはずが、ごみだめになったという話。



  1. 2018/05/06(日) 19:54:16|
  2. 全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ